しあわせさがせ?

たらたら日記帳

近所の床屋

髪を切りに床屋に行ってきました。

髪が長いのがだるくてしょうがない性分なので短く刈りたいのです。社会人になって10年ぐらい丸坊主で通してましたし。でも床屋に行くのも面倒くさいやつなので結果的に伸び放題となりあんまり坊主頭だと認識していただけないことが多々ありました。お風呂の後髪が乾くのが早い、つかタオルでひと拭きなので楽ちんです。みんなも周囲が許してくれるのならやってみよう。私は今のカミさんと付き合ってたあたりから許してもらえなくなって髪を伸ばし初めました。うーん面倒くさい。でも変に威圧感を与えてしまうらしく周囲に溶け込むために必要な段階なのでしょう。面倒くさいけど。

こんな感じですので当然どんな髪型が良いとか意見を持っているわけでもなく(丸坊主が楽だって再三言ってるのは無視される)、どんな髪型がいいのか聞かれて答えられないのです。とりあえず男性ファッション雑誌を見せられるのですがどれも私に似合うような気がせず、適当に指をさしたら真剣さが足りなかったらしくなんだか微妙な雰囲気。こういうときは床屋でプロの人にお任せしよう、ってことでノープランで床屋に行ったのが去年の夏ぐらい。美容室はオシャレじゃない人を窒息死させるという知識があったので行ったことはありません。というか美容室は髭剃りやってくれないじゃん論外。床屋、学生時代からずっと通ってた志真志の床屋が閉店してしまって行きつけがなくて困っていたのです。しかも宇地泊に引っ越したので地盤がゼロに。しゃーなし探すか。ちょっと古びた地域の床屋ぐらいが本当に馴染むので、そういう店を探して適当に突撃しました。鳥玉の隣のやつ。

入店したら昭和な不良漫画がずらずら並び、これですよこれと一瞬で馴染む。あれから何度か言ってますが、日によっては髪切る前におっちゃんと待合スペースで適当に駄弁ったりしてる。最近はおっちゃんの孫話と子育て指南。落ち着く。髪型についてはやっぱり見せられたファッション雑誌がリーゼント気合入ってる系であんまり参考にならず、いい感じでお願いしますと大変投げやりな依頼をしてみました。ごめんなさい。でも職業聞いてくれて伝えたらそれっぽくしてみるとのこと。出てきたのがここ1年ぐらいの私の髪型です。どう?似合ってる?丸坊主の次ぐらいには私も気に入ってるの。すぐ三ヶ月ぐらい床屋さぼって伸び放題になるので今が本来の髪型を確認するチャンスです。丸坊主って楽だったんだねーと思いつつ、まあ周囲にから浮かない、そして家族の受けがよいのが優先だからいいところに落ち着いたんじゃなかろうか。

なお、髪型についてはお任せしたせいでどういう髪型なのか説明できん。自分の髪型を観察したり覚えるのは個人的にかなり嫌なことなので、自分撮りをしてない。故に写真見せてこれにして下さいという手段もなく、物理的にたどる道筋が無い。つまり、床屋のおっちゃんに「前と同じやつ」って頼んでおっちゃんが覚えてなかったらもう再現できません。なんでそんな橋を渡ってるのかわからんが刹那的な印象が気に入ってます。もうここに通い続けるしか方法がなくなってしまった。

志真志の床屋を失ってから流浪の旅を続けてきましたが、宇地泊にも自分向けの床屋を見つけてやっと腰を据えられそうです。

エアコンの温度

ちょっとエアコンを28度に設定している人が信じられてない。27.5度派の私と28度派のカミさんでの抗争の話。というかぼくの愚痴。

女性が体温若干低いから暑いの平気みたいな説、あり得る。夜中私がなんか寝苦しくて汗かいてきたとき、不意にエアコンの設定温度をみてみると28度になってる。う、またこっそり上げられた。寒いから上げたらしいが、それは私に取っちゃ暑いから下げたいのです。分かりあえる気がしない。居間と寝室の二箇所にエアコンあるのですが、居間のほうが0.5刻みで温度設定できるのに対して寝室は1度刻みなので、スイートスポットの狭さから寝室でわりと揉めやすい気もする。揉めると行っても私が大人しく引き下がることが大半なので静かなもんです。「あのー、27.5度にしていい?」と確認とる私と、知らんうちにさっくり28度にするカミさん。やっぱりこれ私もうちょっと反撃してもいい気がしてきた。お互いの適温が違うのはもうどうしようもないので、どちらが妥協するかって話にしかならない。そしてそれは私が妥協しろって話にしかならない。しくしく。先月からの寝不足は夜泣き半分で、もう半分は暑くて寝苦しい故です。日々ふらふら。あと私が暑がりなのはそのとおりだけど27.5度でもいいってだいぶ譲ってますはずなんだが・・・

あと温度だけじゃなくて微妙な調整・設定のすり合わせが不足している。カミさんはちょっとでも寒いと感じるとゴリゴリっと設定温度を下げまくるのに対し、私は風よけ設定したり、風量・風向を調整したり、湿度設定を見直したり、ヘアコンの風が部屋に行き渡るのを待ったりしてます。1時間おきに暑い寒いと温度調整ボタンを過度に弄るからいつまで立っても適温にならないんですよーお願い分かって。AIで外気温の変化を先読みして自動で合わせる機能があるんですが、手動で変わりまくるのであんまり使うタイミングが無い。寒いのを我慢するのは確かに辛いんだけど、カミさん任せにしてると温度変化しまくってわたくしゲンナリしております。そう、調整が雑なので朝起きたら寒いときもあるのです。

結局、カミさんあわせの28度に設定しつつ、私だけ扇風機を当て続けるって運用になりました。じわじわ暑いけどこれで耐えるしかあるまい。

長男さんがモノを言えるようになったらまたパワーバランス変わるんでしょうか。今は、背中に汗かいたり足が冷えたりしてるのを、われわれ夫婦が恣意的に切り取って赤子のためにとかのたまいながら我が意を通すやつなのです。「あちゅいでちゅねー、エアコンつけよーねー」

headlines.yahoo.co.jp

25度でいいのかやったー(棒)

上間天ぷら

上間天ぷらの天ぷらが美味しい。

uemabento.com

家のポスティングチラシに上間天ぷらが入っていたので気になってきた。ほーら眺めてるだけでも天ぷら食いたくなる。いわゆる内地の天ぷらと違って衣ががっつりある硬めの天ぷらなんですが、まあ100円切るくらいなのでおやつにはもってこいなのです。芋天ぷら、魚天ぷら、イカ天ぷらあたりがメジャーなんですが、80円とかそんくらいなので学校帰りに買い食い。手がベトベトになるので包み紙やらディッシュで巧いとこ持って、かぶりつく。旨味成分と油がぎゅぎゅっとにじみ出る。身を勢いよく食いちぎるとまだ内にこもっていた熱気が匂いとともにそこらに散らばる。うめえええええええ。

大学時代にはもうそこらへんの弁当屋で天ぷら食ってました。でも個人的に一番世話になったのは20代後半、大学の近くに住んでる社会人時代。徹夜でゲームして朝方ふらふらになりながらここで天ぷらとそばを頂く。肉体労働者向けで空くのが3,4時と早かったからちょうど揚げたてが食えたんだよなあ。男子大学生のノリだよなあ。楽しかった。そばも100円だったので諸々食べても300円を超えない財布への優しさありました。今月の消費増税で100円そばが値上げしたって聞いたから今度現地で確かめてくる。なお上間天ぷらはいくつか暖簾分けされてるっぽくメニューは店で微妙に異なる。

ウェブサイトみてたら宅配とかオードブルも充実してるのなー。若社長がウェブやら経営改革頑張ってるらしい。あそこ基本的に美味しいので(脂っこいのが好きな人の意見)、ちょっと頼んでみよう。どうせケンタッキー大好き県民だし、あれぐらい平気だろ。なんだかファミマでも取り扱い始まったらしいので今後が楽しみです。揚げ物がつらいお年頃なのですが、そこはほら、食べるだけ食べて「食べるんじゃなかった苦しい」って言いながら次回また頼む、とかいう無限ループを繰り返しながら生きていくものなのです。最新だと7月くらいに行ったけど、カミさんと店の軒先でそば食ったりして、なんとなくこんな感じに生きていければ良いです。

www.okinawatimes.co.jp
www.fnn.jp
www.okinawatimes.co.jp


そうそう、北谷美浜に行って安く手軽に食いたいと思ったときは、上間天ぷら沖縄そば店とかいうそば特化店もあるのでぜひ。ありゃあいいもんだ。

クッキークリッカー

画面を叩くとクッキーが増えるだけのゲームです。

nlab.itmedia.co.jp

数年前に一世を風靡したのですが、Android版が出たってんで久しぶりに遊んでみました。楽しい。クッキーをたんと1回叩くと1個増えるだけの猿のようなゲームではあるのですが、おばあちゃんを強化したりするとだんだんと自動化が進んでいきます。今四日目ぐらいなんですが、毎秒249.6M/s(1秒毎に2.5億個ぐらい)のクッキーが自動的に増えるので、クリックとかもう関係ないよね。自動生産のスペースをあげるために各種設備の増資計画を実はちゃんと練らないといけないのですが、細かいことはいいのでクリックを延々とやってクッキーを増やします。これで良いのです。楽しい。ボタン押すだけで増えるおさーるさんだよー

まあ、子守のおかげでスマホゲームでも凝ったやつは全然できなくて、クッキークリッカーしかやる余裕ないとかいう悲しい背景もあるのですけど。テレビも、あんま音出すと赤子が起きちゃうから観づらいし。そこまでしてまでゲームしたいかと言われればしたいんですけどなかなかね。

というわけでクッキークリッカーに今頃ハマってるんですよーみたいなことを周囲に言って観るわけですが、周囲の人ほとんど誰も知らないんですけどマジ?まあTwitterとかの悪い文化に当時から毒されている人なんてリアルじゃあんまり居ないだろうし、リアル付き合い、というかこの場合Facebook文化圏で繋がりある人の顔を思い描くと、たしかにこんな極まってるクッキークリッカーみたいなゲームの話が通じるかと言えば、話す前から通じないの分かってたんじゃないかな。FacebookとTwitter両方でつながってる後輩さんぐらい。クッキーをクリックするだけという悲しい人みたいなリアクションを何度ももらってちょっと悲しい半分反骨心半分で、勢い余ってFacebookでクッキークリッカーの宣伝をしてみました。特にリアクションは無かったです。うん、やれって言いづらいよなこんな空虚なゲーム。まあほら、ゲームデザインとかに手を出したことがある人ならなんでこれが受け容れられたのか分析するといいんじゃないですか。え、受け容れられてない?まあそうねぇ3日ぐらいで日本中が飽きちゃったし。どんどんオススメトーンが落ちていく。

なお、ミリオンライブの茜ちゃんメーカーも良いです。茜ちゃんかわいいやったー
dic.nicovideo.jp

というわけでクッキーは現在3.6T(3.6兆)個ぐらいです。まだまあ先は長い。

諸君

諸君 私は育児が好きだ
諸君 私は育児が好きだ
諸君 私は育児が大好きだ

哺乳瓶の細菌殲滅戦が好きだ
オムツ替え電撃戦が好きだ
バタ足くらう打撃戦が好きだ
布団から落とさない防衛戦が好きだ
ぬいぐるみ包囲戦が好きだ
夜泣き突破戦が好きだ
インフルエンザ流行からの退却戦が好きだ
爪切り掃討戦が好きだ
早風呂の撤退戦が好きだ

寝室で 居間で
トイレで 風呂で
実家で 義実家で
ソファーで 座布団で
駐車場で 公園で

この家で行われる ありとあらゆる育児行動が大好きだ

せっかく並べた枕代わりのタオルが バタ足とともにズレていくのが好きだ
部屋中に積み上げられたオムツが どんどんなくなっていく時など心がおどる

うちの長男坊がミルク140mlを完飲するのが好きだ
悲鳴のような空腹サインっぽい泣き声を放つ長男坊に
なみなみとミルクをあげたときなどホッとするような気持ちだった

よそ行きでそろえた洋服を着た長男が 親戚の家を来訪するのが好きだ
興奮状態の親戚が 既に幸せそうな長男を何度も何度も話しかける様など感動すら覚える

保存主義のカミさんが写真をコルクボードに飾っていく様はもうたまらない
泣き笑いする長男を動画に収めようとする私の手のひらに
シャッター音を奏でながら思い出が積み上がっていくのも最高だ

哀れな父親が息抜きをしようと健気にゲーム機を立ち上げたとき
100万ドルの笑顔でこっちを見て 遊ぶ思惑を木っ端微塵に粉砕された時など絶対に忘れない

幸之助と名付けたパナソニックの食洗機のガチャガチャいう音が好きらしい
必死で皿を洗う時間が削減され カミさん子供と戯れる時間ができることはとてもとても嬉しいことだ

ベッドの寝るスペースを潰されて端に寄るのが好きだ
親子3人で川の字で寝てるので寝返りもできないのは嬉しさの極みだ

諸君 私は育児を 理想のような育児を望んでいる
諸君 私についてくる私の家族諸君
君たちは一体何を望んでいる?

さらなる子供を望むか?
情け容赦のない糞の処理を続ける育児を望むか?
時間と資源を使い尽くし 趣味の時間を削る嵐のような育児を望むか?

育児!育児!育児!

よろしい ならば戦争だ

(このへんで考えるのが面倒になってきたので中略)

征くぞ 諸君

なるはや沢山

手を付けるのが絶望的に遅くなっているなあと実感中。

仕事だけじゃなくてプライベートの用事も。〇〇しなきゃなーが積み上がっている。大抵はどっかから指摘があって慌ててそっちやる感じ。うーん。「こんなはずじゃあなかった」って連呼するおじさんになりました。夏休みの宿題をさっさと終わらせる子だったのよ私。いやまあ指摘を数ヶ月単位で放置するから良くないんだけど現実逃避しちまう。なんか手を動かすと世界がぐにゃあってなる。手掛け始めるとわりとあっさり終わるので、やっぱり最初の一歩に関する自分への心の分析が必要っぽいの。まあ子供が泣き出したら全部止めてそっちに全力なので動く気力は存在するらしい。

タスク管理術でよくみかけるのは、重要度と緊急度のマトリックス書いてそれで緊急度に惑わされず重要度からやろうってやつ。これちょこちょこやってます。デジタル系ツールを一通り試した後に、ホワイトボードに付箋を貼るやつが一番しっくり来てます。なにせ終わったら付箋をゴミ箱に捨てます。ひゅー気持ちいい。反面、タスクの書き出しが面倒くさい問題ありますが、別にデジタルでも面倒くさいしねぇ。で、ホワイトボードを毎朝10分、仕事する前に眺めて今日は何をやろうってイメージを掴んでから実際に取り掛かると、全体が意識できて手が早くなっていいってGEのおっさんが言ってたらしい。まあ分かる。ここでのポイントは仕事やりはじめちゃうとグダグダになるからきっちりイメージ掴むまで流れに乗せられないこと。ほむ。毎朝、出勤したらトイレに籠もる私にもできる気がする。メールチェックしちゃうとだらっとしちゃうのはほんとそうねぇ。つまり、仕事の重要度を基準にして動くことでダメージを少なくしようって作戦です。

一方、別の作戦の存在も知ってる。わちゃわちゃタスクなりがありすぎて脳が過負荷になってるのから動かない説。できるやつから手を付けていくと自然と脳みそが慣れてきてだんだんと手を動かすことが日常のように思い始めるらしい。まずは小さく回すことから始めて、そのうち手掛ける範囲が広くなっていくのを目指す。自分のリズムを基準にして動くことでペースを上げていこうって作戦です。おお、対比が面白いぞ。とりあえず対立っぽい軸を2案だして比較してしたり顔するのがそもそも良いぞ。なにせ重要度が高いやつに挑むときに既に小さく経験を積んでるので勢いよくやれる。これもまた価値のあるやり方です。まあ時期によって使い分ければよいのではないでしょうか。

とはいえ、やる気を出す方法については自己啓発本がわんさと出ているからそこで適当に各自読んできたらよろしい。個人的には「ラジオ体操」が最強です。前も書いたけど、毎朝第一、第二を力いっぱいやったらなんか手が動くんですよ。不思議なもんです。で、一ヶ月以上ラジオ体操をサボっていたので、今、私の心は冬模様。ラジオ体操をやる気出すためにはどうしたもんか。

農場に線路敷きたい

わりとTwitterのほうではよく言ってるやつですが、鉄道を敷くのがなぜか好きです。

といっても現実に引くわけではなくもっぱらゲームで実現してたりします。デジタルだとやはりCities:Skylines。最近はFactory Townあたりに浮気しがちですけど、地形に沿って草原や山道に物流を気づく。鉄は国家の血液なり。かっくいい。そして街と街で交流が生まれ、活気づいていく。いやー人類の幸せそのものでございます。ほくほく。本当に自由自在に敷けるわけではなく、様々な制約を乗り越えたゆえのストレスからの開放。よく考えないと鉄道で渋滞起こすからねぇ。最適化していくのって気持ちいい、ぐらいな根源的な私の楽しみです。

カミさんの話。子供が増えるのがなぜか好きらしい。

家族多い家庭で育ったってのもあるんでしょうし、実際に子供作ったけどそういうリアルだけではない。アグリコラってボードゲームがあって、カミさんはこのゲームだけは私と遊んでくれるのでよくこの話題になるのです。小進歩カードや職業カード、ひたすら子作りに関するやつばっかなんだよねぇ。アグリコラでは子供を増やすのは容易いことではなく、そこそこの資材をかき集めて家を広くしないといけないのですが、補助カードでドーピングしてあれよと人が増えます。後半になってくると家が狭くても子作りできるようになるのでそれも抑えます。ゲーム的には人を増やすのはそこそこ正解みある強さなんですが、食費がかかるので無計画には使いづらい手なのです。「急いで子供をつくる」みたいなアクション名がとってもツボらしい。牧場の動物たちも繁殖させるのに精を出し、終了時のボードの局面がとってもにぎやか。狭い木の家に人がわちゃわちゃ、牛・猪・羊などの家畜は牧場にもわんさか居るどころかペットまで飼う始末。なんかこの増えてる感じが、理屈を何もかも飛び越えて、根源的なカミさんの楽しみらしい。

アグリコラ、私のプレイングだとなぜか人が増えず豪華な石の家に住みカードを使いまくってるおかげで農場が隙間だらけ。なので対立軸として「豪華なマンションに子供もおらずサービス業で稼ぐ夫」「古い木の家に子供や家畜がわちゃわちゃ居て農業で稼ぐ妻」というのが成立してる。対比がおかしくって仕方なかったなーって話でした。頼むから線路か道路敷くゲームもしようぜー(アグリコラ4連敗中)