読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しあわせさがせ?

たらたら日記帳

山菜戦争

diary

きのこたけのこ戦争というものがあります。

【画像】きのこたけのこ戦争まとめ【残虐なる歴史は繰り返される】きのこVSたけのこ【動画】
http://matome.naver.jp/odai/2130548319111220601
【画像あり】リアルにきのこたけのこ戦争を開戦する:キニ速
http://blog.livedoor.jp/kinisoku/archives/3331587.html

きのこの山たけのこの里では
開戦の理由などわからなくなるほど長く辛い戦いが続いています。
上のURLから凄惨な画像がみれるのでどうぞ。

どう考えてもきのこの圧勝なので戦争の必要を感じていませんが、
まぁ我がきのこ軍に対抗するに値するほどの実力をもっているという
たけのこ軍、敵ながらアッパレというのが私の感想。

先日も、後輩に買ってくるおやつを
きのこの山きのこの山、どっちがいい?」ってきいたら
やはりきのこの山を選んでくれました。ええ後輩やー

市場調査などではたけのこ優勢なんて言っているようですが、
勝ち馬に乗るような烏合の衆なんざ練兵揃いのきのこ軍の敵でない。
両方かって何度も食べ比べた奴の票こそが全てなのです。

実のところ、決着なんてつけたくないのかもしれない。
戦争は楽しい、戦争を続けたい、この夢の様な殺し合いが
いつまでも続くように、切磋琢磨しつつ拡大していくのが夢です。

というわけですので、きのこ軍の一兵卒である私にとって
真に憎むべき相手は決まっています。

「戦争中に、アルフォートやら持ち出して来る奴」は勘弁。

二択の選択肢を打ち壊す努力は、発想としては重要ですが
ことさら俺達は戦争がしたい、そしてあわよくば勝ちたいのです。
第三のお菓子を持ちだす奴は、たいていきのこたけのこの
聖戦とも言うべき争いを見下してますよね。許せません。

というわけで、志願兵諸君は
まずはファミリーパックでも買って自分の所属を確認されたい。
ようこそ戦場へ。